ハクビシン駆除には許可と免許が必要|業者を見極めるポイント

女の人

二次災害を防ぐ

一軒家

田舎に住んでいるとハクビシンの被害に合う確率が高くなりますが、実は都会でも、その被害が拡大しているのです。ハクビシンによる主な被害は、騒音被害や異臭です。ハクビシンは夜行性のため、夜中になると屋根裏などで大きな音を立てて暴れ回ります。都会に住んでいてこのような騒音被害があると、近隣の迷惑にもなる上、睡眠時間が確保できず、疲れが溜まってきてしまいます。また、ハクビシンの排泄物は非常に強い臭いを発生させるので、ハクビシン駆除をせずに放置しておくと臭いが家中に充満してしまいます。それだけではなく、ハクビシンの排泄物に他の虫が寄ってきて、新たな害虫被害が併発する可能性も高くなります。家に侵入したハクビシンを放置しておくことは、心身ともに悪影響を及ぼします。適切なハクビシン駆除を行ない、快適な生活を守りましょう。
ハクビシン駆除をする際、あぶり出しや捕獲網を使ってハクビシンを捕まえますが、問題なのはその後の家の状態です。ハクビシンによって汚された天井や壁、床下などを消毒しないと、重大な病気を発症する恐れがあります。ハクビシン駆除の業者は、通常ハクビシン駆除の最中に殺菌、消毒処理を施してくれます。専用の薬剤を使用して排泄被害のあった場所に直接吹きかけ、ダニやノミが発生するのを防ぐのです。また、ハクビシン駆除の最後にはハクビシンが入ってくる侵入口を完全に遮断します。金網や材木などを丁寧に加工しながら、小さな隙間を塞いでいくので、ハクビシンは二度と住宅の中に侵入しないはずです。