ハクビシン駆除には許可と免許が必要|業者を見極めるポイント

女の人

害獣を追い出す流れ

ハクビシン

ハクビシンはネズミやアライグマと同じ害獣として知られています。しかし、名前は知っていても実際にどんな動物なのか詳しく知らない人がほとんどでしょう。ハクビシンは夜行性の動物で、雑食です。高い身体能力をもち、素早い動きをします。人間が活動する昼間は大人しくしていますが、夜になると活発に動き出し、住宅に侵入してきます。ハクビシンが家の中に入ってくると、至る所に排泄を繰り返し、天井に染み汚れが出てきます。その匂いも強烈なので、家の中が臭くなってしまうのです。また、ハクビシンの排泄被害がひどくなると天井が抜けて落ちてくる可能性もあるので非常に危険です。ハクビシンの被害が悪化しないうちに早めに駆除をするべきです。ハクビシン駆除を行なう際は、必ず業者に依頼するようにしましょう。ハクビシンには寄生虫やダニが多く寄生しているので、万が一噛まれた場合、病気になる可能性もあるのです。その上、ハクビシン駆除を個人的に行なうことは法律で禁止されています。
業者が行なうハクビシン駆除の流れは簡単です。始めに、駆除に先立った事前調査を行ないます。調査内容などを詳しく説明してくれるのでしっかり聞くようにしましょう。その後、ハクビシン駆除が本格的に開始されるのです。ハクビシン駆除の方法は、家の中からハクビシンを追い出したり、捕獲したりと様々です。ハクビシン駆除の業者は、専用の捕獲道具や、ハクビシンを追い出すための煙などを駆使しながら作業を行ないます。家から追い出した後は、排泄物の除去や消毒をして作業は完了です。